資料室インデックスへ資料室 京セラKYOCERA/ヤシカYASHICA SAMURAI 4000ix
サムライ4000ix

発売年月日:1998/4
当時の定価:49,800円 (グリップストラップ、ハンドストラップ、アイカップ、リモコン付)
2002/9/9のチェックで生産中止に移行。
画像を見る(47K)。※カタログからの転載です。
キーワード:201g〜300g 4倍ズーム AF(オートフォーカス) 生産中止

形式 APS
レンズ KYOCERAズームレンズ 9群11枚
30mm/F4.5〜120mm/F9.9(ズーム比4倍)
撮影距離 外光パッシブ式5点マルチオートフォーカス
(スポットAF、フォーカスロック機構付)0.6m〜∞(パノラマ時1m〜∞) AF補助光あり
シャッター プログラム電子シャッター 電子レリーズ 3秒〜1/500秒
露出および補正 外部測光方式 プログラムAE 連動範囲:EV3〜17
フイルム感度 自動セットISO25〜10000、1/3ステップ
ストロボ

内蔵式 フラッシュマチックおよびガイドナンバー制御式

連動範囲
 30mm時 0.6m〜5.6m(ISO200)
 120mm時 0.6m〜2.5m(ISO200)
 30mm時 0.6m〜8.0m(ISO400)
 120mm時 0.6m〜3.6m(ISO400)

 充電約6秒

ストロボ自動発光モード、ストロボ赤目軽減自動発光モード、ストロボ発光禁止モード、ストロボ赤目軽減スローシンクロモード、ストロボ強制発光モード

 連続撮影モードがある。秒1コマ。

ファインダー 実像式ズームファインダー 倍率0.38から1.52倍 プリント視野率83%(Hタイプ) フォーカスフレーム、近接撮影範囲枠
(撮影範囲枠はプリントタイプに対応して変化)
ファインダー下に赤LED ストロボ表示/カメラぶれ警告 緑LED 合焦表示
電池 CR123A×1 ストロボ50%使用で25枚撮りフィルム約12本
大きさ 59×81×109.5mm
重量 295g(電池別)
その他特徴など ・セルフタイマーは電子式 作動時間 約10秒 途中解除可能
・フイルム給送はオートローディング、自動巻き上げ、巻き戻し、オートストップ、途中巻き戻し可能
・タイトル記録は6言語9通り
・リモコンは正面から5m。

 往年の名ハーフサイズ版サムライがAPSで復刻。ただし、35mmオリジナルサムライは一眼レフだったが、こちらは一眼レフではない。
 色はブルーパールとダークシルバー。

 なお、デジカメ版のサムライもでた。サムライは続くのだ。

資料メモ:「カメラ年鑑2001/P268(日本カメラ増刊)」ほか

▲コンパクトカメラ・データページに戻る

▲▲コンパクトカメラページに戻る