cam_camera.gifコンパクトカメラ簡易マニュアル一覧 > スリムT

コンパクトカメラページへSLIMT SIMPLE MANUAL

あなたはここに来た、51454番目の人です。(2000/6/12より)
簡易マニュアルシリーズ第4弾。2000/6/12
京セラ・スリムTの簡易マニュアルです。

■■ 目次 ■■
ファインダー ●撮影モード


●ファインダー  ▲トップへ  ●コンパクトカメラページへ
 

ファインダー内表示。

   ┏━━━━━━━━━┓
緑→┃┌────────┨←近接撮影フレーム0.7〜0.35mで使用する
   ┃│        ┃
   ┃│ [ ○ ]  ┃←AFフレーム
赤→┃│        ┃
   ┃│        ┃
   ┗┷━━━━━━━━┛

 ファインダーの右脇に縦に二つLED。上が緑(点灯でAFロック、点滅でAF不可)、下が赤(点灯でストロボ発光予告またはスロー警告、点滅でストロボ充電中)。


●撮影モード ▲トップへ  ●コンパクトカメラページへ
 

1.メインスイッチオンでストロボ自動発光モードとなる。+AUTOflash_auto01.gifのマークがでる。シャッター半押しの時に赤LEDがついたら、ストロボが焚かれる。

2.モードボタンを押すと赤目軽減モードに移行。大きい+小さい+AUTOの表示。このモードでは1秒間を置いてストロボが2回焚かれる。1回目と2回目の間にセルフタイマーLED(カメラ前面にある)が光り、2回目のストロボでシャッターが切れる。
 発光条件は1.のオートモードと同じ。低輝度時に自動発光する。

3.もう一度モードボタンを押すとストロボ強制発光モードに。+太陽(フラッシュか?)マークとなる。常に発光するモード。このモードでは日中シンクロ、スローシンクロが使える。
 シャッター半押しで赤LEDが点灯し、発光を予告する。スローシャッター時には手ブレに注意。

4.もう一度モードボタンを押すと夜景モード(ストロボ発光停止)。☆と月のマークとなる。
 シャッターボタン半押しで赤LEDがついたらスローシャッターの警告。

5.もう一度モードボタンを押すと遠景撮影モード。∞マークがでる。
 ガラス越しや遠景撮影時に使用する。このモードではストロボは発光しない。シャッターボタン半押しで赤LEDがついたらスローシャッターの警告。

 もう一度押すと、1.に戻ります。


▲スリムT性能表/Tプルーフ性能表

カメラページに戻る