cam_camera.gifコンパクトカメラ簡易マニュアル一覧 > T VS/II

カメラのインデックスへTVS/II SIMPLE MANUAL

あなたはここに来た、82924番目の人です。(2000/8/17より)
コンタックス・TVS/TVS IIの簡易マニュアルです。

■■ 目次 ■■
ファインダー内表示 ●各部の名称 ●ちょっとしたこと ●カスタマイズ機能


●ファインダー内表示  ▲トップへ  ●コンパクトカメラページへ
 

┏━━━━━━━━━━━┓
┃■■■■■■■■■■■┃←近接補正枠・ワイドの0.5〜1m
┃■■■■■■■■■■■┃←近接補正枠・テレの0.5〜1m
┃■          ┃
┃■    ○     ┃←AFフレーム
┃■          ┃
┃■          ┃
┃■          ┃
┗━━━━━━━━━━━┛
 ÷ ↓ →●← P500
 ↑ ↑  ↑  ↑↑
 | |  |  |シャッタースピード
 | |  |  |
 | |  |  プログラムモード
 | |  |
 | |  フォーカスエイド(矢印は実際には横向きの▲)
 | ストロボ発光マーク
 |
露出補正マーク

※フォーカスエイド
 「→●←(両端の矢印は本当は横を向いた▲です。「>●<」こんな感じ)」という指標を見ながらピントを合わせます。

>   は前ピンの状態
 ●  はピントが合っている状態
  < は後ピン状態
>●< で点滅は測距不能の状態

 なにゆえピントがあったとわかるのかというと、これ、要するにAFの機能なんですね。したがってAFでピントが合わないような状態でフォーカスエイドを使っても、測距不能になるだけ(^^;

 それでもそのままシャッターを押せば目測撮影はできます。


●各部の名称  ▲トップへ  ●コンパクトカメラページへ
 

T VSの画像を見る(84K)*カタログからの転載です。

    ┏━━━━┓
   □┠────┨ ←ズームレバー(T VSのみ)、絞りリング
┏━━━┻━━━━┻━━┓
┃■ ●     ● □┃←●はシャッター、□はカウンタ
┃●       ○  ┃←真ん中の○はセルフタイマーレバー
┗━━━━━━━━━━━○←フォーカスダイヤル
 ↑ ↑
 | ●はフラッシュモードボタン
 |
 ■は露出補正やストロボモードなどを示す液晶
 ●は露出補正ダイヤル

 この図の他に、背面にパノラマ切り替えレバーがあります。
 ズームレバーはT VS IIにはありません。


●ちょっとしたこと  ▲トップへ  ●コンパクトカメラページへ
 

●焦点距離表示

 上面右のフィルムカウンタは、実は焦点距離表示も兼ねています。シャッター半押しの時だけ、フィルムカウントではなく、焦点距離に切り替わります。シャッター半押しのままレバーを回すと焦点距離表示が切り替わっていきます。なお、マニュアルには「あくまでこの焦点距離表示は目安だよ」という趣旨の記述があります。


●強制プログラム

 T VSは基本的には「絞り優先AE」ですが、絞り設定をしている場合でも、シャッタースピードの限界に達すると判断された場合、強制的にプログラムに切り替わます。このとき、ファインダー内のシャッタースピード表示の左に「P」が表示されます。このモードでは最高1/700のシャッターになります。
 ただし、F16の場合は強制プログラムモードにはなりません。


●カスタマイズ機能  ▲トップへ  ●コンパクトカメラページへ
 

●ストロボのデフォルト変更

(1)ズーム・レバーを回してメイン・スイッチを入れる。
(2)液晶が点滅するまでストロボ・モード・ボタンを3秒ほど押し続ける。
(3)ストロボモードボタンを押して、デフォルトにしたいモードを選ぶ。
(4)そのまま8秒ほど放っておくか、シャッターを半押しにする、またはいったんスイッチを切る。

 これでスイッチオンで好きなストロボモードがすぐに使えるようになる。


●レンズ駆動方式の変更

 レンズ駆動の方式は、1.シャッターボタン全押しでレンズが駆動する(半押しでは測距のみ)、2.シャッターボタン半押しでレンズが駆動する、の2通りがあります。出荷時は1.になってます。

(1)ズーム・レバーを回してメイン・スイッチを入れる。
(2)液晶が点滅するまでストロボ・モード・ボタンを3秒ほど押し続ける。
(3)上面右の「カウンタ表示」の液晶に注意しながらセルフタイマーレバーを前後させる。カウンタ表示の点滅表示が「0」の時は1.の全押しモード、点滅表示が「1」の時は半押し駆動モード。セルフタイマーレバーの位置によってこの「0」と「1」が切り替わる。

レンズ駆動モード

セルフタイマーレバーの位置

カウンタ表示部の表示

1.シャッターボタン全押しでレンズが駆動する(半押しでは測距のみ)

┌─┐
│ │
│●│
└─┘

「0」

2.シャッターボタン半押しでレンズが駆動する

┌─┐
│●│
│ │
└─┘

「1」

(4)そのまま8秒ほど放っておくか、シャッターを半押しにする、またはいったんスイッチを切る。

※この操作をすると、ストロボモードも変わってしまうので、必ずストロボの方もチェックしてください。

▲T VS性能表/T VS II性能表

▲コンパクトカメラページに戻る